123号

できるだけ

今年になって、みどりちゃん(小鳥)は、寝ているとき何度か止まり木から落ちました。
たいてい明け方、ドサッと音がして目が覚めると、鳥カゴの床に座りこんで、みどりちゃんが困っている。
そんなことが何度かありました。
みどりちゃんが普段過ごしているカゴは、止まり木3階建てで、割と高さのあるものです。
みどりちゃんは、いつも止まり木の一番高い3階部分で寝ています。
なので、この季節必需品の小鳥用ヒーターも、カゴのかなり高い位置に引っかけています。
落ちたときにケガをするのもこわいですし、寒いときは、ヒーターにぴったりとくっついて寝ているみどりちゃんが、ヒーターから遠い床で寝ていて、冷えてしまうのも心配です。
という訳で、少し前から、みどりちゃんは寝るときだけ、移動用の小さいカゴに入っています。

ウイングキャリー02型ウイングキャリー02型
()
マルワ

商品詳細を見る


これ。
このカゴにヒーターをつけて、更にヒーターに直接触らない部分には布をかけて、カゴ全体を保温して。
床には新聞紙を分厚く敷いて、落ちても安全の老鳥仕様。
あんまり早くからお年寄り扱いすると、かえって良くないかも、と悩んだりもしましたが、おかげさまで、最近かなり元気です。

みどりちゃんがわが家に来て、そろそろ丸3年になります。
買ったとき、1歳半と言われたため現在公称4歳半ですが、そもそもペットショップに来た時点で1歳を過ぎていたらしく、実のところ本当の年齢は分かりません。
キンカチョウの寿命は野生だと5年くらい。
小鳥の病院の先生にも、5歳をこえるとガクッと来る、と言われました。
何がガクッと来るのかおそろしい今日この頃ですが、できれば元気で、長く長く長く生きてほしいものです、みどりちゃん。

来た、見た、勝った。

midori66.jpg

クチバシのつけ根のあたりに抜けた羽がくっついたみどりちゃん。
あんまりかわいいので、鼻毛鳥ちゃん、と呼んだら怒られました(みどりちゃんに)。
そして、そんなみどりちゃんは、今から5分ほど前に、卵を産みました。
晩ごはんが終わって、満ちたりた気分でいたときのことです。
止まり木にとまったまま、ふいに前掲姿勢を取ったみどりちゃん。
眠いの?と聞くも、こちらを無視したまま、何度か止まり木から落ちそうになりつつ前後に揺れ出しました。
そして、ブワッとふくらんだ、と思った次の瞬間、ボトッと音がすると、卵が一つ。
鳥カゴの床に落ちていました。
ついに、みどりちゃんが卵を産む瞬間まで見てしまいました……。
やっぱり、私ほどみどりちゃんのことを深く愛した奴はいない。
感動と心配で胸がいっぱいです。

カレーと卵

朝ドラに影響された向きから、牛すじカレー牛すじカレーとさえずられたため、公式サイトのレシピを見ながら、時間をかけて時間をかけてカレーを作っていたら……また卵を産んでいらっしゃいました、みどりちゃん。
前回が連休の最終日だったので、ほぼ一週間ぶり。
通算3個目の卵です。
しかし、必ず休日に卵を産むあたり、毎週、土日の朝8時になると大きな声で鳴くことから、時計を持っていることを疑われていたみどりちゃんは、もしかすると、カレンダーも持っているのかもしれません。
カレーは、ついさっきできたので味見してみましたが、びっくりするほどおいしかった……。
きのこ類を入れてもいい、とレシピにあったので、しめじを入れてみました。
びっくりするほどおいしかった……。


curry.jpg

牛すじがとろけました。

特におでこが広いのよ。

土曜日にコストコへ行きました。
午前中に行ったので、まだ割と空いていて、ゆっくり見られたのが良かったです。
ただ、そのとき作った会員証の写真が……。
カメラの設定のせいなのか何なのか、私の顔がとても長く、また、額もとても広く写っていました。
ここ半年ほど、主に面倒くさいという理由で、前髪のない髪形にしていましたが、久しぶりに自分の顔が長いこと、額が広いことを思い出し、帰ってから、あわてて美容院に行って前髪をつくってきました。
これでひと安心です。

みどりちゃん(小鳥)は、月曜日の夜に、また一つ卵をうみました。

あけまして

おめでとうございます……というか、もう明けきっていますね。
今年もよろしくお願いします。

midori65_2014010921062369c.jpg

あなたにも私にも、お年賀代わりのみどりちゃん画像。
ふくらんで目をつぶって、とってもかわいくうたた寝中です。
ところで、ペットを溺愛する人の中には、少なからず、ペットを飼うということに罪悪感をおぼえているタイプがいるんじゃないか……などと益体もないことを考えていたら、今日、みどりちゃんが久しぶりに卵をうみました。
ほぼ2年ぶり(たぶん)の産卵。
産卵は、みどりちゃんの体に負担のかかることで、卵づまり等のリスクもあるので、ぜひ、この1個だけで止めていただきいたい。
ということで、みどりちゃんの気を産卵から逸らすため、鳥カゴに粟の穂を設置しました。
早速つついていらっしゃいます、みどりちゃん。
しめしめ。
これで卵のことを忘れてくだされば。