123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜大仏を

拝みに行ってきました。
近くの金華山にも名和昆虫館にも、ちょっと離れた長良川スタジアムにも何度も足を運んでいるのに、岐阜大仏は初めて。
実は、最近までその存在すら知りませんでした。
名鉄が発行している「Wind」という雑誌があるんですが、今年の1月号が名鉄岐阜駅と手力駅の特集で、それを読んでいたところ、岐阜大仏に関する記事が。

こちらでバックナンバーが読めます。
Wind(2012年1月号は、2011年度のバックナンバーから)

ちょうど名鉄の株主優待券の有効期限が今日までだったので、行ってまいりました。
名鉄で岐阜まで行って、岐阜駅からバスに乗って、バスを降りて徒歩5分。
バス停から歩くと、すぐにお寺らしき建物が見えて、しかし、とても像高13.7メートルの仏様が収まっているような大きさには見えないので、本当にあれか?と思いつつ、更に歩を進めると、入口の門の脇に、「日本三大仏」の文字が。
拝観料は200円。
200円払って、お寺の建物に入ると、中には屋根までギッシリという感じで、ちょっと前のめりに座った仏様がいました。
いらっしゃいました、と書くべきか。
本当に、建物の中に入ると、すぐにいらっしゃる。
仏様の前に賽銭箱があって、その前にパイプ椅子が5脚ほど並んでいて、座って拝むも立って拝むも自由という雰囲気。
転法輪印がOKサインに見えます。
参拝に来ていた若い人の中には、携帯電話で仏様の写真や動画を撮っている人や、大きな声で話している人もいて、普段、私はどうしてもそういうことに腹を立ててしまったりするんですが、今回は、不思議とそれが気になりませんでした。
だって、仏様ご自身が「オッケーよ」と言っておられる。
だいたい、建物の壁に沿って、仏様の周りをぐるりと五百羅漢像が囲んでいるんですが、あの人たちの方が、きっともっと更に大きな声で喋っていらっしゃる。
どう見ても、お酒の入っている方もいらっしゃる。
でも、それだって大丈夫、と言ってくださるような仏様でした。
建物がサイズギリギリなのも、広いと掃除が大変だからいいじゃない、と言ってくれそう。
奈良とも鎌倉とも違う、何ともくだけた魅力のある仏様でした。
正直、いいもん見たな、と。
最近まで知らなかったのは、勿体なかったな、と。

上で建物が云々と書いていますが、しかし、岐阜大仏建立とその後の話を知れば、そんなことを言うのも実は申し訳なかったり。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。