123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『平清盛』見た!

「さらば父上」、清盛がずっと涙目だったのが印象的でした。
忠盛が倒れた後のシーンからは、宗子や家貞も割と涙目でしたが、
(あれは、お医者さんから、ご本人にはただの過労と申し上げていますが、実は……的なことを言われたという理解でよろしいのか)
清盛は、もうOP前のアバンタイトルからずっと。
私の目が、己に都合のいい幻覚を見ているだけのような気も……いや、涙目でした。
子犬のような涙目でした。
あれを、役者さんとしての涙目と考えても違和感はないんですが、ここは、やはり清盛としての涙目と見たい。
何も知らされていないけれど、父上の死を予感してしまった清盛の、スピリチュアルなアレですよ。
それくらい、今回の親子の通じあいっぷりは凄かったです。
それはもう、先週あたりまでで、もしかしたら、忠盛は清盛が期待するほど、清盛を愛していないんじゃ……とか不安にかられまくっていたのが、幻だったかと思えるくらい。
安芸から戻った清盛が、忠盛が病気と聞いて駆けつけた場面での、扇で頭をポン、と。
ポン、とね。
《何じゃ騒々しい》とね。
あの場面で、この1週間生きていたと言っても過言ではありません。

安芸と言えば、今回のラストシーンは、安芸の浜辺で親子が追いかけっこでした。
捕まえてごらんなさーい、というアレです。
語弊はあります。
この忠盛は、大河お得意の幻覚だね!と、見ながらまみちゃんと言い合っていたら、本当に幻覚でした。
いい場面だったと思います。
清盛のもらい泣き成分も多々ありつつ、珍しくも涙ぐんだりしてしまいました。

今回は、さすがサブタイトルが「さらば父上」だけあって、忠盛まつり、正確には、忠盛の回想まつり。
初回の、若き日の忠盛が赤ん坊の清盛を抱いて、周りで草がザワザワーッみたいな回想を見て、ああ、ここグッときた!と思い出したりもしました。
同じく初回の忠盛。
まだ子役の清盛が見ている前で、海賊退治をして、宋剣を掲げてエイエイオーみたいな。
清盛が、今回のラスト、海に向かって宋剣を掲げてエイエイオーは、あのときの父上と、時を超えて呼び合ったに違いありません。
要するにニュータイプ。
そういえば、忠盛と宗子の夫婦には、見るたびブライトさんとミライさんを思い出します。
しかし、最初の『ガンダム』における二人は19歳と18歳。
環境っておそろしい。

更に宋剣の話。
アバンタイトルで、清盛が一人飲みしている場面。
何だか久しぶりにこの剣出てきたな、と見ながら思っていたら、清盛も、久しぶりに振るうか、みたいなことを言い出しました。
いわゆるセルフツッコミ的なものを、時どき入れてきます。
先週、頼盛から、兄上のそういうところが嫌いです、と清盛が言われたときもそうでした。
そこまで言うことないじゃない弟よ、と思いつつ、ああ確かに清盛のそういうところは割とイライラする、と思いました。
しかし、今週、得子から頼長の屋敷を襲えと言われた後の家族会議のところで、もしかしたら、あれって伏線じゃなかったのか?と。
どうする?どうする?と一門の皆さんが迷って、忠盛も自らの考えを口にするのを憚っているところ、清盛が、例によって、そんな命令聞くことない!的なことを言い出す。
そして、突然庭に下り、宋剣をブンブンと。
青い立場から空気を読まない発言をし、芝居がかったふるまいをする、というのは、清盛のデフォルトというか、これまでにもこんな場面を何度も見たよ!という感じでしたが、今回は、それが確信犯的でした。
忠盛の内心を感じ取って、けれど、棟梁の立場から口に出せない、あるいは己の内心に気づいていない忠盛に代わり、あえてそうする、というのが。
自分が心のままに動くと、人からこう見られる、というのを逆手に取ったようなのが、清盛の成長を感じさせて、ちょっと嬉しかったです。
で、その成長のきっかけって、もしかしたら、前回の頼盛の発言?と。
ああ、でも、忠盛の形見分け?のところで、弟たちに、たぶん初めて、おどけたようなことを言ってみせるのは、成長とか関係なく、ひたすら頑張って明るくふるまっているようで、あれはかわいかったです。
来週から、もうパパはいないけれど、頑張るんだよ、清盛、と言ってやりたくなります。

源氏のことも書きたいけれど、時間がありません。
ツンデレがさすがに気の毒だとか、正清が為義と義朝の親子喧嘩のとき、鬼武者をそっとその場から離れさせたのが良かったとか、常盤さんがノーベル親子賞の助演女優賞に猛追をかけてきたとか。
あと、お歯黒の兄弟喧嘩についても……。
あそこも、兄弟と言いつつ、同時に元養親子だったりするのがすばらしいですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。