123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続報と公共放送礼賛

みどりちゃん、ただいま5個の卵を抱えています。
昨日、帰宅したら、5個目を産んでいて、リアルに床に膝をつきました。
今日もまさか、と心配で心配で、家に帰ってすぐ確認しました。
今日は産んでいませんでした。
ようやく打ち止め……だったらいいな。
ところで、本文1行目に、みどりちゃんは卵を抱えています、と書きましたが、嘘です。
ほとんど抱えていません。
特に今日は、私が帰宅するや否や、パッと巣から出てきて、その後はもう、みどりちゃん用のヒーターに寄り添いながら、ずっと鳴きっぱなし。
ゴロリと話をしていれば、必ず割って入ってきて、卵のことはすっかり忘れた様子でした。
何だか、この産卵ブームが始まる前のみどりちゃんが戻ってきたようで、嬉しくもあり、放りっぱなしの卵たちを見て、みどりちゃん、たとえ有精卵でも孵せないタイプの鳥だなと思えば、悲しくもあり。
あんまり楽しく鳴いて、このまま夜更かしに突入しようとするので、先ほど、部屋を暗くして無理やり寝せました。
困った子(愛)。
しかし、明日はまたどうなるか分かりません。
油断大敵、油断大敵。

みどりちゃんが寝た後、テレビをつけて、『歴史秘話ヒストリア』を見ました。
大河の『平清盛』から、源義経がテーマでした。
エピソード1のタイトルが、「もうひとつの“壇の浦” 義経のヤシマ作戦」。
今、公式サイトを見て、確認しました。
昨年だったか一昨年だったか、桂小五郎をやったときは、確か、その回全体のタイトルが、「逃げちゃダメだ」だった記憶があります。
あと、昨年の夏に見た聖徳太子の回は、タイトルが「ニッポン補完計画」だった。
制作されている方に、エヴァが好きな人でもいるんだろうか……いるんだろうな。

今、公式サイトのバックナンバーを確認したら、桂小五郎の回は、一昨年の10月6日で、「逃げちゃだめだ~逃亡者・桂小五郎 明治をひらく~」で、聖徳太子の回は、みんなでいい国にしよう!~プリンス聖徳太子 ニッポン補完計画~」でした。
桂小五郎の回の次の回、「大江戸なんだこりゃ!?ハジケて笑える“文化文政時代”」が、すごく良かったような覚えがあります。
江戸時代でひとまとめにしてしまうのは、乱暴にすぎますが、来週は、同じ江戸時代で井原西鶴で、「笑って泣いてまた笑い~“お笑い”の元祖・井原西鶴~」なので、期待しています。

ところで、色んなところで色んなことを言われている今年の大河『平清盛』、私はとても楽しく見ています。
感覚でアレしますが、マンガとかアニメとか好きな人は好きだと思う。
あと、親子が好きな人も。
この調子で1年やってくれれば、個人的にはかなり好きな大河になるだろうな、と。
そういえば、第1回の視聴率が悪かった過去の大河として名前が出ていたのが、『北条時宗』と『功名が辻』で、どちらも私の大好きな大河だな、とちょっと笑いました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。