123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど世間はむずかしい

みどりちゃん、卵を産みました。
去年の10月以来です。
昨日までに2個産んで、今朝、というか今、もう1個産みました。
納得のいく数が揃うまで、産み続けるという話なので、産卵すると体力が落ちて危ないという話なので、昨日は、みどりちゃんを買ったペットショップに行って、擬卵を買ってきました。
しかし、それを入れてやる前にもう1個。
心配で心配で、たまりません。
また、気まぐれに温めたり温めなかったりなみどりちゃんの姿を見て、これが有精卵でも孵ることはないだろう、と思ったり。

midori44.jpg

昨日、2個目を産んだ時点で撮った卵の写真。

midori43.jpg

そして、産卵直後のみどりちゃん。

ペットショップの人に、みどりちゃんは、わが家に来る前、ペットショップでも卵を産んだことがあるのか等を聞きました。
なかったそうです。
みどりちゃんは、1歳半くらいで家に来たんですが、その前、ペットショップには1歳くらいのときに来て、半年ほどいたそうで。
その間は、産んでいないらしい、と。
途中まで一緒にいて、1羽だけ買われていった、みどりちゃんの元彼についても聞いたら、赤っぽい色のオスだったらしく、割と仲良くしていたとか。
命がけで無精卵を産み温めているみどりちゃんが憐れなので、これはもう、私のことは見向きもしなくなるリスクは承知の上で、オスを入れてやることも検討していましたが、小鳥同士にも相性というものがあるとのこと。
元彼とも、仲良くはしていたけれど、繁殖はしなかったらしいしな。
なかなかむずかしいな。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。