123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の他人丼

温かいご飯の上に、ゆで卵をのせて崩して、更に鮭フレークをたっぷり。
そんなお昼ご飯を食べながら、ふと、これも他人丼と言うべきか?と思いました。
ニワトリと鮭。
さすがに他人すぎか?
でも、ニワトリだって、食肉というカテゴリに目を曇らされているだけで、実は結構遠いような……。
ゆで卵と鮭フレークの親子丼は、鮭フレークの塩気が、ゆで卵にかける塩の代わりになって、
更に、鮭フレークの水分で、固ゆで卵の黄身がしっとりしたりもして、
とてもおいしいと私は思うのですが、周りからは蛮行と言われます。
おいしいから!一度食べれば分かるから!と主張するのですが、誰も食べてくれません。
あなたはどうですか?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私はお断りします(AA略

まず固ゆで卵をご飯の上に崩すって
何のつもりですか?
尾張流うつけ丼?

あれ思い出した、あの松林の音大の友達で
サラダの残りとかご飯にぶっかけて食べるから
なんたら不味公とか呼ばれてた
貧乏ゆすりすごい子。

先週の読んだ。ほんとに頼ちゃんだったね!

ノ@二枚目ハーン | URL | 2011年11月04日(Fri)00:45 [EDIT]


もっと!

ご飯の力を信じて!
固ゆで卵くらい大丈夫なポテンシャルですよ、あれは。
松林の友達いたね。バンちゃんね。
あのドレッシングご飯にかける下町の不昧公は、私も時々やります。おいしいです。ご飯って万能です。
誰寝どうなるんでしょうか?これでラストまで持っていったら、ある意味すごいね。

123号 | URL | 2011年11月04日(Fri)18:07 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。