123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪服で鈍行

本日は法事。
母方の祖父の一周忌でした。
久しぶりに、電車で行きました。
昨年、亡くなる直前の祖父が入院していたとき、何度か乗って以来です。
朝7時半頃に家を出て、9時半過ぎには向こうに着きました。
そこから皆さんで車に乗ってお寺へ。
祖母の一周忌のときには、自宅でやった記憶がありますが、今回はお寺でした。
そして、祖母の法要といえば、実は去年、祖母の十三回忌だったのですが、祖父の四十九日と日にちがほとんど重なってしまったため、四十九日の方を優先、そちらは子供と内孫だけで営むということで、私は参加していません。
なので、今回は祖母の分も一緒に拝んできました。
ふたり分ふたり分、と、真面目にお経にも参加したため、『大阪豆ゴハン』で言うところの、「法事笑い」とも無縁でした。
法事が終わった後、いったん母の実家に寄って、テレビをつけたらサッカー中継がやっていました。
さすが地元、素晴らしいと、見始めた直後に、しかし、私の好きなチームが失点。
その後、試合終了を待たず出発して、家に戻って結果を確認したら、何だか無残なスコアで、うわあとなりました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。