123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前略、カゴの中より

最近、よくトンビの声が聞こえます。
姿は見えないんですが、上空高く、ピンヨロ系のあの声で鳴いているので、きっとトンビだと思います。
で、みどりちゃん(小鳥)は怒っています。
形は小さくとも気の荒いキンカチョウ。
なわばり意識が刺激されるのか、トンビの声が聞こえるたび、首を外の方に長く伸ばして、ビーッ!ビーッ!と威嚇の声を上げています。

しかし、みどりちゃんよ。
トンビってタカの仲間ですよ。
体の大きさだって、長めのシッポを入れてやっと10cm弱のみどりちゃんの、10倍……は言いすぎか、でも、それくらいあるんですよ。
もしかすると、空の高いところで鳴いているせいで、声がそれほど大きく聞こえないから、自分と同じくらいの大きさの鳥だと思っているんでしょうか、みどりちゃん。
だとしたら、少し情けないです、みどりちゃん。
と、思ったんですが、モズやカラスにもいつも(家の中から)ケンカを売っているので……本当に気が荒いのね、みどりちゃん。
だけど、戦ったら確実に負けるから止めてくださいね、みどりちゃん。

モズと言えば、昔、うちの実家の物干しで、竿を留めるための針金によくハヤニエをしてくださっていました。
ハヤニエてくれるのは別にいいけれど、何でか一度も取りに来なかったので、夏場になると人間様がハヤニエの始末をしなきゃいけなかったのが、割と嫌な思い出として残っています。
モズの野郎……。

ちなみに、みどりちゃんの鳴き声は、
鳥や虫を威嚇するときは、ビーッ!ビーッ!
人に怒るときは、ビッビッ!ビッビッ!
人を呼びつけるときは、ニャ゛ーッ!ニャ゛ーッ!
人の会話に混ざろうとするときは、ニャ゛ッニャ゛ッ、または、ア゛ッア゛ッ。
「みどりちゃん」と呼ばれたときは、ア゛ッ?
だいぶ分かってきました。
これで、こちらが上記の鳴き方さえマスターすれば、みどりちゃんと意思の疎通がはかれる日も遠くありません。

また、以前にみどりちゃんがスズメと呼び交わし合っていたときは、ビーッ!ビーッ!だったので、今思うとあれは呼び交わしていたんじゃなくて、威嚇、つまり、己のシマを守ろうとしていただけなのかも、と思ったら、ホッとしました。
あのスズメ、近所のうどん屋の植え込みで、別のスズメと仲良く地面をつついているのを、ゴロリに目撃されて以来、うちでは「安兵衛」と呼ばれています。
安い男だから安兵衛。
ゴロリが、自分はスズメの顔の区別がつくと主張することに若干引いてもいます。
しかし、あれが恋じゃなくて本当に良かった。
きっと安兵衛ふぜいより、私の方がみどりちゃんを深く愛しています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんでしょうねえ…

あなたは最後の一行みたいなのを
よくほざかれてらっしゃいますがそれを目にする度に
この方は一体何と戦っているのか…
他にみどりちゃんを争う相手も居ないのに…
こうして人は仮想敵を作ってゆくのかと
地球上に平和が未だ訪れていない原因の一端を
垣間見た気がするのでございます。

ところで今日、年の頃なら中1位の
どこからどう見てもひょろい男子が
WORSTを読んでいるのを見かけ、
彼が心に師と決めたアニキは一体誰だったのか
思いを馳せる夜なのです。
素敵な夜をご一緒にいかが?

ノ@二枚目ハーン | URL | 2011年08月11日(Thu)01:38 [EDIT]


WHY?

私のみどりちゃんは世界で一番かわいい小鳥なのに、
何ゆえ彼女を争う相手がいないなどと思うのか、理解に苦しみます。
今度ぜひうちに遊びに来てください。
生みどりちゃんを見れば、私の言っていることが真実だと
あなたにも分かると思います。
その際には、おいしい赤味噌の色々もご馳走?しますよ?

『WORST』は、どこをめくっても素敵なアニキの金太郎飴ですもんね。
彼もきっと素敵なアニキとめくるめく一夜を過ごし、
大人の階段をのぼったことでしょう。

123号 | URL | 2011年08月11日(Thu)22:03 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。