123号

鳥の人たちへ

ひとつ前の記事で、みどりちゃん(小鳥)への愛を更に深めるため、
『鳥の仏教』を買ったと書きました。
で、読んでいるんですが、前半の「鳥のダルマのすばらしい花環」で、
それはもう様々な鳥たちから、
愛という名の執着を捨てなさい捨てなさいと、それはもう、
イムク、トッカー、ゲントゥ!エゴー?ウトゥ、チュウロン、
(すべて鳥の声)等々とそれはもう次から次へと囀られます。
そんなに捨てなさい捨てなさいと言われても、だけど、
私みどりちゃんへの愛を今捨てたら、もう人の形を取れないんじゃないかと
思うほどアレなんですよトッキョン!トッキョン!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック