123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土鳩に似ている(私)

『とりぱん大図鑑』を買いました。
本屋で見かけて、『よりぬきサザエさん』的な本かな、と思い、スルーしかけるも、
鳥の写真満載の表紙に、これ図鑑だ!と気づき即購入。
ヒヨちゃんやつぐみんといった、おなじみの鳥たちだけでなく、
ニホンカモシカやリスにヒトといった哺乳類に、昆虫、
果ては東北地方の郷土料理まで、写真と解説と
『とりぱん』から抜粋されたコマと、描きおろしのカラーイラストと、
『とりぱん』のキャラクターブック的解説とで紹介されています。

前者の解説については、雑学的な部分もあって、
食用としてどうなのか、食べておいしいのか、どんな食べ方があったのかに
言及されている鳥が、結構あったのが嬉しかったです。
そういうこと知りたいんだな。
ヒヨドリは、江戸時代には食用にもされて、
炙り焼きにすると美味だったそうで、今後『とりぱん』に登場する
ヒヨちゃんを見る目が変わってしまいそうです。

ところで、上にも書いたように、
鳥だけでなく、他に様々な動物が紹介されているため、
私が大の苦手としているあの長いやつが出ていたらどうしよう、
申し訳ないけど、そのページだけ糊づけして開かないようにしようかしら、
など、ドキドキしながらパラパラしましたが、
幸いなことに、蛇は出ていませんでした。
その代わりと言ってはアレですが、
昆虫の、中でも幼虫は割と出ています。
クモも出ています。

キンカチョウは出ていませんが、
紹介されている鳥の8割くらいが、キンカチョウと同じスズメ目なので、
あの子もこの子も皆みどりちゃんに見えてウフフフフ…です。
また写真が!写真がかわいい!
つぶらな瞳!
無垢な表情!
小さな体!
うわあかわいい、と興奮しながらページをめくって、
急にホシハジロとかに当たると、ドキッとします。
赤い目は恐いね。

とりぱん大図鑑 (ワイドKC)とりぱん大図鑑 (ワイドKC)
(2011/06/23)
とりのなん子ととりぱん研究会

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。