123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らは優しく見守る

みどりちゃん(小鳥)は、
人に見られていることに気づくと、
ニャーニャー鳴いたり、バサバサ飛んだり、
コミュニケーションを試みてきます。

それはそれでかわいいものですが、
人の目を意識していないみどりちゃんも、
それはそれはかわいいので、
日々、工夫して彼女の日常を覗き見しています。
基本は、手に持った本、自分の腕や肩などで、顔を隠して、
視線を向けていることに気取られないようチラ見。
みどりちゃんのいる部屋のドアから、顔半分だけ出して、
星明子的にそっと見守ることもあります。

人がまるで家にいないとき、
たとえば、みどりちゃんが留守番をしている平日昼間に、
どうしているのかも、大変気になります。
本当は、みどりちゃんのカゴの横にカメラを据えて、
24時間態勢で監視をしたいんですが、
周囲に反対されて、未だ実現の気配もありません。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あなたの座右の銘

素晴らしいものを考えました。
「飽き足らず」
どうですか。
狸も獺も居て溺愛しているのに飽き足らず。
ぴったりだと思います。

さもなくば
「おまわりさんこっちです!!」です。

ノ | URL | 2011年06月20日(Mon)23:16 [EDIT]


残念ながら

狸も獺も、アグネスが反応する類のアレではないので、
おまわりさんも呼ばれても困っちゃうんですよ。
みどりちゃんに至っては、人ですらない。
なので、私は今後も合法的な愛の日々を送って
人生を謳歌する気満々ですフー!

123号 | URL | 2011年06月21日(Tue)23:33 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。