123号

はらぺこの君に

今日も午前中から歯医者に行ってきました。
住宅街を通っていくと、庭をきれいにされている家が多くていいですね。
特に、この季節はツツジやバラが美しい。
アヤメかカキツバタか花ショウブか、区別がつきませんが、あの花も。
紫色が鮮やかで目に楽しいです。
(『誰寝』でオカちゃんが区別のつけ方を説明している回があったような)

歯医者に着いて、待合室では、雑誌が全て出払っていたので、
『はらぺこあおむし』を読みました。
『はらぺこあおむし』……昔読んだときには、
あおむしの食べる物のおいしそうさに心奪われ度も天井知らずでしたが、
今回も天井知らずでしたが、サラミ食べたいと震えましたが、
それだけでなく、あおむしがかわいいな!と。
とりわけ、土曜日の暴食がたたって泣いているあおむし、
「そのばん あおむしは おなかがいたくてなきました」のあおむしが。
ちょっと顔が青く、具合悪そうに目を閉じているのが、
かわいそうでかわいそうで、何てかわいい。
葉っぱを食べてお腹が治って、にこにこしている単純さも、実にかわいい。
『はらぺこあおむし』のあおむしは、その後サナギになって、
ラストで蝶に変態します。
何て惜しい。
実に惜しい。
大人になんかならないで、ずっとあおむしのままでいればいいのに。

はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック