123号

嫌な思い出

盗みに遭う夢を見て目が覚める。
起きてもまだ心臓がドキドキしています。
夢の中で、私は旅行先のホテルで、
なぜか廊下にバッグを置いていて、
その中の財布から現金やカード、パスケースから免許証も抜かれていた。

中学の修学旅行で東京に行ったとき、
最終日の自由行動中に財布をすられたことを思い出します。
全く手をつけていなかった金はもちろん惜しかったけれど、
一緒に入れていたラミカも惜しかった。
『らんま1/2』の天道あかねちゃん。
大好きだったのです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック