123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『楢山節考』

今村昌平監督の『楢山節考』が見たいと思い、TSUTAYAに行くも無く、というか、TSUTAYA自体が無く。

楢山節考 [DVD]楢山節考 [DVD]
(2002/07/21)
緒形拳坂本スミ子

商品詳細を見る


とても好きな映画なので、この機会にDVDを買おうかしら、とアマゾンを眺めておりました。
しかし蛇(いっぱい出てくる)が恐いな……。
恐いといえば、フィクションの中の暴力の描写(肉体的なものに限らず)が苦手なのですが、この映画は割と平気です。
例の生き埋めのシーンも、毎度一瞬目を背けてしまいますが、一応平気。
他にも、たとえば、諸星大二郎先生のマンガに出てくるのは大丈夫です。
で、なぜ?と考えてみたんですが、
『楢山節考』も、諸星先生のマンガも、
この作品の中で描かれているのは、今私たちが生きているのとは
別の理によって成り立っている社会ですよ、というのを示すのが上手いからではないかと。
(『楢山節考』の登場人物中、私たちと話が通じるのって、辰平くらいが辛うじてじゃないかな)
すると、姥捨て生き埋めその他諸々も、この映画や原作の小説に出てくる村の中では、
共同体を存続させるために不可欠なルールであるから、
悲しいことではあっても、理不尽なことではないと分かる。
だから、暴力の描写に触れたとき一般に感じるストレスを感じることが少ないんじゃないかと。
描き方に悪意がないというか。
何か勝手にそんなことを。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。