123号

きよめ餅みたい

朝起きたら、母が朝ご飯を作ってくれていました。
うちの母は、あまり台所に立たない人なので、めずらしいね、と言ったら、
「火を使ってみたくなって」
という答えが返ってきました。
久しぶりに火を使ってみたくなって。
何というか、微妙に恐かったです。

『うわさの神仏 其ノ三』(加門七海)の文庫版を買いました。
其ノ三は、江戸TOKYO陰陽百景ということで、内容は、東京の怪しいスポット紹介です。
合羽橋の項で、『GIANT KILLING』はETUのマスコット、パッカのことなど思い出す。
神田明神の項で、平将門公が主人公の大河ドラマ『風と雲と虹と』のことを思い出す。
吉永小百合が、何だかすごい悪女をやっていた。
しかし、これは東京に住んでいる人にはより面白いんだろうな、とも。
取り上げられているところが、今どんな場所なのか、残念ながら名古屋住みの当方にはいまいち分からない。
名古屋を残念ながらとか言っちゃいけないな。
というわけで、こちらを読んだ後、『濃尾参州記』(司馬遼太郎)も読みました。

冒頭が桶狭間の話で、出てくる神社は熱田神宮。
先日、獺ちゃんが名古屋に来てくれたので、一緒に行きました。
文庫のイラストに出てくる、きよめ茶屋にも入り、きよめ餅とお抹茶のセットを頼みました。
きよめ餅と言えば、女の子のほっぺたを触って、
「きよめ餅みたい」
というCMが昔ありましたが、その真似をしてみても、獺には伝わらず残念でした。

きよめ餅のHP

「きよめ餅みたい」のCMが見られます。
「ほんと、きよめ餅みたい」のところは、もっとネットリとした言い方だったように記憶していたのですが、今見てみたら、割とアッサリ言っていました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きよめ餅の柔らかさは正義

きよめ餅CM!懐かしすぐる…。
私も記憶の中では割とネットリした口調でした。
多分、「きよめ餅みた~い」と妙にネットリした口調で物まねする人が周囲に多かったからだと思います。
(何でみんな「みた~い」と伸ばすんでしょうね)

しかしコレ、東海地方の人間でないと分からないネタですがな(笑)

mame | URL | 2010年06月27日(Sun)17:53 [EDIT]


正義!

なるほど。
確かに私もネットリした口調で物真似いたします。
あれなんででしょうね?

123号 | URL | 2010年06月30日(Wed)23:03 [EDIT]


 

トラックバック