123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤周作の

 『深い河』を読んでいたら、まみちゃんが、『「深い河」をさぐる』という『深い河』をめぐる対談本を貸してくれました。
 今日は、「前世は本当にあるのか」まで読みました。

 そして、インドつながりで、諸星先生の『西遊妖猿伝 西域篇』も読みました。
 雑誌で読んでいたときには、大唐篇や河西回廊篇と比べて西域篇はドラマチックさに欠けるけれど、ホラーっぽいし、これもいいなあ、と思っていたのですが、連載を読んで、コミックスが出たときにも読んでから、しばらく時間を置いて改めて読んでみると、西域篇も十分ドラマチックでした。
 玄奘が悟空に助けを求めて、それに応じるように悟空が現れて、2人が再会する場面など、いかにも西遊記という感じです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。