123号

愚痴です

 かっこいいことばかりを積み重ねて生きていると、長い年月が経って、できあがったものをトータルで評価したとき、実はそれほどかっこよくもなくなる、と思います。
 本当はかっこいいんだけど、きまり過ぎてるのも嫌味だから、あえて外します、というのも含めて、それだけじゃ足りない。
 不本意なことを押しつけられて引き受けて、失望されて自棄になって、それでも繰り返していくことでしか、得られないものが多分ある。
 と、いうようなことを他人に伝えようとして、どうしても上手く伝わらず、はがゆい今日でした。
 つまり、かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう、ってことなんですが。
 早川義夫のアルバムを、今日もっていれば良かった。
 つまり、こういうことなんです、ってCDを渡すだけで済んだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック