123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれの名前

 あれは何ていうんでしょうか。
 あの、形はラジカセで、でも聴けるのはCDとMDとラジオというあれ。
 あれが壊れました。
 近ごろ音楽を聴くときは、もっぱらパソコンだったものの、先ほど、パソコンが起動するまで、と思い、あれに岡村孝子の『SOLEIL』をかけたところ、行きつ戻りつ行きつ戻りつしながら、1曲目を延々と。
 3歩さがって2歩すすむ、くらいのペースでしょうか。
 そんなに「TODAY」ばかり聴きたくありません。

 修理に出すか、買い換えるか。
 最近、ほとんど使っていなかったことを考えると、別にどちらもしなくてよい、というのが結論なのですが、自分の部屋にラジカセ様の物が無いというのも寂しい。

 今回、壊れたあれの先代のあれが、私が初めて自分で買ったあれでした。
 中学生の頃です。
 その頃、よく聴いていたのが、あれが壊れたときに偶然CDをかけていた岡村孝子です。
 きれいな旋律で、細いきれいな声で、さり気なくおそろしい女ばかり登場する歌が大好きでした。
 デビュー曲の「風は海から」や、
「君が思うほど ぼくは強くない」
と恋人に言わせてしまう「ポプラ」など、特に。
(何となく、この人の歌だと、彼氏よりも恋人という言葉を使いたくなってしまいます)

 やっぱり修理に出すべきか。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。