123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のモーニング

 以前、『レールガール』がおもしろかった池田邦彦先生が、次号からシリーズ連載。
 タイトルは『カレチ』で、主人公は国鉄の車掌さんです。
 楽しみ。

 ネタばれ追記へ。

 『へうげもの』は、読み終わって一瞬、え?もしかしてこれ最終回?と思ってしましました。
 それほどの盛り上がり。
 このページが凄かった、あのコマが凄かった、といちいち取り上げて書こうと思ったけれど、無理でした。
 もう全部。
 全部クライマックス。
 あえて言うなら、ラストの1ページと、織部が刀を振り下ろしたページでしょうか。
 転がる利休の首に、地蔵菩薩を連想しました。
 諸星先生のマンガのせいです。
 諸星先生の栞と紙魚子シリーズに、地獄を模した庭園の出てくる話があります。
 その庭園では、お地蔵様の首が落とされて、血の池を模した池の端に転がっていました。
 これで利休が退場して、今後どうなるんでしょうか。
 やっぱり、織部の最期までやるのかな…。

「それがあなたなのです お忘れなきよう」


 『ラッキーマイン』が最終回。

 正直、序盤はそれほど興味の持てなかったマンガですが、賭けの勝敗ではなく、なぜこの賭けが行われるのかに物語の焦点が合わされてから、おもしろくなりました。
 ナナオ達は、灰澤の用意したゲームではなく、実は灰澤の妄想に巻きこまれていた。
 荒唐無稽なバトルの裏に、大きな組織があるわけでなく、全て主宰者個人の妄想に収斂されていくのが清々しく、また、リアルでもありました。

 灰澤が良かったなあ…。
 正確に言うと、灰澤の秀彦との関係が良かった。
 灰澤は、あの父親として以前に人として問題がありそうなところ、息子に対する執着心、しかも、息子そのものに執着しているのではなく、息子に息子とは別の価値を見出して執着しているところなど、父親と息子が愛憎半ばしてどろどろする話が三度の飯と同じくらい好きな私には、もうブラボーという他ないキャラクターでした。
 秀彦は、あの空虚な感じが。走馬灯から見るに、どうも父親に対して愛情があったようなのがすばらしい。
 最後がバッドエンドというのもすばらしい。


 ジャイキリは、やっぱり川崎に負けていた…。
 畜生。
 ロスタイムが…ロスタイムがあれば良かったのに…。
 しかし、あそこで堺さんと世良を変えたのは、達海の采配ミスだよな…という、この展開だと当然出てくるだろう読者の感想(少なくとも私はそう思いました)を、サポーターを通じて掬いあげてくれるのは、やはりさすがだと思いました。
 しかも、コータテッタヨシオの子供達とスカルズの2段構え。
 羽田さんがたくさん登場するのは、単純に嬉しいです。
 スカジャン着用でオールバックの人は久しぶりです。
 134ページで村越がボールを受けた直後、羽田さんのアップが抜かれたのは、どういう意図なんだろう。
 川崎戦では村越は欠場だったけれど、他のベテラン選手同様、村越も変化していることを、村越好きの羽田さんの目を通じて表そうとしたんだろうか。
 世良が3点目を決めた後、羽田さんが絶句するのもいいですね。
 絶句した後、再び我に返ってゴール裏を煽る。
 オノマトペを入れるなら、ゾクッ、モノローグなら、すげえ、でしょうか。
 ラストで登場した夏木にワクワク、王子にドキドキです。
 ETUの26歳は華がある。

 正直なところ、敗戦の後始末みたいな展開も見たかったのですが、あー、でも話が進むとやっぱりおもしろい。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。