123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のモーニング

 ジャイキリ!
 ネタばれ!なので追記に。

 堺さん堺さん堺さん!!!
 うわーうわーうわー!!!
 ゴール来たゴール来たゴール来た!!!

 おめでとう!

 いい!すごくいい!
 すごくFW!って感じのシュートでした。
 誰もいないところから飛び出したんじゃなく、DFを背負って、GKとガチンコになって、そこから打つ。
 さすがだ、さすが9番です。

 世良からパスを受けて、ハンターになった堺さんの目にシュートコースが見える。
 でも、そこには星野が飛びこんできて潰される。
 潰されることを予想して、瞬時に次の動きを選択できる冷静さ。
 見えたら打ちたいFWの本能を、理性が凌駕して、確実に点を獲りにいく。
 また、ここで打つシュートが、ファーにグラウンダーっていうのもいい。
 フェイントで星野をかわしたことによって、より角度のない位置に移った。
 そこから打つ場合にゴールの可能性が高くなるシュートを、きちんと選んで打っている。
 堺さんの経験値の高さを感じます。
 堺良則(31)は、今まで作中でクローズアップされてきたETUの他のFW=世良とも夏木とも、また違ったタイプの選手なんだな、と思いました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。