123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登山

 後輩に、マウンテンの新メニュー・甘口マーボー丼の話をしたら、ぜひ食べたいということで、今週2度目の山登り。

090129_1155~0001

 これが甘口マーボー丼。
 どういうものか理解していただくために、説明を試みます。
 まず、頭にマーボー豆腐を思い描いてください。
 思い描けましたでしょうか?
 では、そのマーボー豆腐の中身を、以下のように変更してください。

 豆腐 → マシュマロ
 ひき肉 → コーンフレーク
 ネギ → インゲン
 豆板醤など調味料 → 黒蜜
 
 変更後のマーボー豆腐を、ご飯の上にかけてください。
 更に、その上に水煮のナス。
 最後にパセリを飾って、できあがりです。

 これが甘口マーボー丼。
 食べた人曰く、ナスが辛い、そうです。
 調和を乱すナス(味は特に無し)。
 ナスさえ無ければ、これはわらび餅わらび餅…と己をだましながら食べることも可能とか。
 登頂の困難度は、抹茶小倉やバナナが1、イチゴが3とすれば、5だそうです。
 先日、イチゴに楽勝された番長は、抹茶小倉やバナナの方が登頂困難とおっしゃっていたので、その辺りは個人差もあると思うのですが。
 ただ、後輩は、甘口マーボー丼の困難さは、個人差の問題ではないと言っていました。
 以前、試作品として珈琲ピラフを食べさせてもらったらしいのですが、それに匹敵する辛さとのことです。
(伝聞ばかりだな)
 一口もらって食べてみましたが、確かに、何と言うか…咀嚼していると次第に悲しくなってきます。

090129_1208~0001

 それでも完食。
 えらいなあ。

090129_1156~0001

 私はナストマト。
 今回は遭難することなく、無事、登頂することができました。

 ところで、帰り際、レジのところで耳にした信じられない一言。

後輩 「甘口マーボー丼食べましたよ」
マスター 「ああ!おいしかっただろ、あれ!」

 おいしかった…だと?

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。