123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけない子!

 以前ここで、お正月が過ぎたらダイエットします、みたいなことを書きました。
 しかし、松も取れきった現在、暴飲暴食の日々を…。
 夜中に食べるのが特にいけません。
 自戒の意味で、日曜日に私の食べたものを晒す。

7時
 牛乳 コップ1杯
 マヨネーズパン 1枚

12時
 ブロンコビリーのサーロインステーキランチ(200グラム)
 サラダバー

17時
 コーヒー 1杯

19時
 炊き込みご飯(牛蒡、鶏肉、人参、椎茸、油揚げ) 1杯
 豚汁 1杯
 ブリの刺身

1時
 みかん 1個
 ビール 1缶
 ポテトチップスのり塩(大袋) 1袋

 どう考えても、夜中のポテトチップスがいけません。

 ところで、この日は、愛知県美術館のアンドリュー・ワイエス展に行きました。
 17時のコーヒーは、美術館で飲んだものです。
 会場に入ってすぐのところに小さな紙が貼ってあって、そこに、ワイエスが16日に亡くなったと書かれていて驚きました。
 91歳。
 もっと上かと思っていた。
 ワイエスの絵では、「スコール」が一番好きですが、今回は来ていませんでした。
 でも、「ガニング・ロックス」の本物が見られて嬉しかった。
 ルドンもそうですが、ワイエスの描く人の横顔も、とても精神的な感じがします。
 「ガニング・ロックス」と「オルソンの家」の絵葉書を買いました。
 ミュージアムショップでは、なぜか赤瀬川原平&山下裕二の『日本美術応援団』も買ってしまいました。
 なぜだろう?
 勢い?

 帰り道で、北尾トロの『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』の文庫も買いました。
 これは衝動買いではなく、予定の買い物。
 『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』は、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』の続編です。
 前作はとてもおもしろかった。
 さっそく読んでみました。
 おもしろい。
 確かにおもしろい。
 が、続編の悲しさか、正直なところ、やはり前作の方が勢いを感じる。
 今作はマジメな部分も随所に。
 読みごたえのあったのは、第3幕「いい役者が揃った!」に第10幕「スジの通る理屈、通らない理屈」、そして第15幕「取調室の中」。
 第3幕では検察官と被害者の父親、第10幕では被告人のヤクザ、第15幕では弁護人が、それぞれ「いい役者」として登場します。
 著者にとっての裁判のおもしろさは、おそらく役者のおもしろさ。
 書き手が見ごたえのある裁判だった!と感じる裁判が、読み手にとっても読みごたえのある傍聴記を作るのだな、などと考えつつ読了。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

冷えたビールがないなんて

ビールは…ビールは許してください!

123号 | URL | 2009年01月23日(Fri)16:35 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。