123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のモーニング

 今週の「モーニング」のネタばれがあります。
 ので改行。



 火曜日からこちら、ずっと夢心地ですが、本日は忘年会でした。
 後輩から、クリスマス的なことは何かしましたか?と聞かれたので、村井さん(愛車)で讃美歌のCDをかけながら走っているよ、と答えたら、微妙ですね、と言われました。
 ところで、人間は、興奮すると極端に語彙が少なくなるようです。
 今週の「モーニング」、ジャイキリでは、雨に濡れた達海とか、厳しい表情の堺さんとか出てきたわけですが、かわいいとかやばいとかしか言っていないような気がします、とりあえず初読段階では。
 『ライスショルダー』の観客の皆さんを見習った方がいいような気がします、人を殴って無罪放免これ不思議。
 そして、何食べのシロさんは、実は今一番共感できるマンガのキャラクター。
 シロさんのお父さんが病気になったエピソードからこちら、毎回毎回、だよねだよね、と頷きながら読んでいます。
 これも一つのチャームの魔法状態でしょうか。
 チャームの魔法状態といえば、『ラキア』の白柳親子が気になってたまりませんが、食いついたら負け、という気もします。
 『西遊妖猿伝』は、今週のラストで、とうとう悟空が玄奘と再会しました。
 「流沙河の主」に玄奘(と八戒)が殺されかけたところで、天井を突き破って悟空登場。
 ピンチに陥った三蔵法師が、離れた場所にいる孫悟空に助けを求め、求めに応じて悟空って、何となく、元ネタの『西遊記』っぽいです。
 『西遊妖猿伝』の大唐篇や河西回廊篇では、悟空と玄奘が出会う、または再会する場合には、悟空が斉天大聖に魅入られて訳が分からなくなっているところに、玄奘が現れて経を唱えることにより正気に戻す、というシチュエーションが多かったので余計に。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。