123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だらだら

 ひとり飲みを始めたので、だらだらと何か書く。思いつくまま。冬もビール。
 ああ、でももう1時か。寝ないとな、と言いつつ、実は2時間ほど前に眠りから覚めたばかりです。
 20~23時台に、毎日2時間ほど仮眠をとるクセがあるのです。テレビをつけたまま寝ていたので、夢の中でダウンタウンDXを見ました。ディズニー映画のエンディングみたいな甘いコンチェルトを奏でてくれないと、そこには戻らない、とゲスト席に陣取った松ちゃんがごねて、皆を困らせている夢でした。

 ダースベイダーとルークの関係に血が滾る。が、ダースベイダーの中身がアナキンであることを思い出し、心静かに萎える。アナキンは大好きだけれど、彼は、私の心の中で、今週の「モーニング」のジャイキリ関連ページに登場した某Jリーガーと同じ箱に入っている。もしくは同じ棚。心に棚を作ってはいけません。
 ああ、でも、それでもアレだ。『ジェダイの帰還』とか最高。イウォークの中に入って、ルークを囲んで踊りたい。

 村越茂幸のイメージは、暗闇の中に燃える火。それも、勢いよく燃えるのではなく、時に燃え尽きたようにも見えるほど静かに。熾のような情熱を心に隠した男だと思う。キャプテンはかっこいいな。

 『ひらひらひゅ~ん』の2巻を買った。甘太郎を見ていて、やはり犬を飼いたいと思う。
 そのためにはまず不動産。いつか自分の家を持って、そこで犬を飼うのが夢だ。犬を飼えた暁には、毎日一緒に散歩に行きたい。山が近ければ山へ。海が近ければ海へ。どちらも遠ければ川原へ、あるいは公園へ。大きな公園で、犬と一緒に走りたい。もちろん全力疾走。犬にはきっと勝てない。「オイ貴様、犬太郎(犬の名前)、ご主人様を負かすとはどういう了見だコラ」とか言って哀れなあの子を困らせたい。キューンとか鳴かせたい。ごめんね犬太郎。すぐに仲直りして、1人と1匹で、それこそ犬の糞みたいに芝生の上をゴロゴロ転がろうね。犬太郎は、子犬の間は玄関に置いて、大きくなったら外へ。立派な番犬に育ってほしい。
 そんな妄想の中でいつも育てている犬が、ちょうど甘太郎みたいな感じの犬。いいなあ、犬。飼いたいなあ。

 スカイウォーカーという名前のかっこよさを思い知らされたのは、SCUDELIA ELECTROの「TRUTH」で。思い出したので、今聴いている。しかし、歌詞カードが見つからない。失くしたか、それとも最初から入っていないのか。
 五次元の空を行ったり、真実の鐘を待ったりするスカイウォーカー。石田ソロの「スカイウォーカーチルドレン」も好きな曲。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。