123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煙も見えず雲もなく

 昨夜から、化粧ポーチが見つかりません。
 アレが無いとね、死んだも同然なのに。
 とりあえず今、予備のアイブロウで眉毛だけ描きました。
 クレイサスの銀色。
 ポーチ自体も気に入っているのです。
 頼むから出てきてください。

 『明治一代無責任男』を読んでいたら、「勇敢なる水兵」が聴きたくなって(『明治一代無責任男』のクライマックスは、日清戦争の黄海海戦。「勇敢なる水兵」の歌詞を知らないと「?」なところが割とある。ヤマモトが「松島」艦上で、瀕死の三浦虎次郎三等水兵から、「まだ沈まずや定遠は」と問われたりもする)、父にCDを借りにいったら、軍歌のCDやレコードの並んでいた棚が、すっかり空っぽになっていました。
 事務所に全部持っていったとのこと。
 自分の物をどこに置こうと勝手だ、と言われて、正論だけに何も言い返せませんでした。
 私は、軍歌の中でもいわゆる兵隊ソングが好きなので、自分で持っているCDは、それ関係ばかりなのです。
 すなわち、「勇敢なる水兵」は無い。
 無いとなると余計に聴きたい。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。