123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顛末

 駐車場の件ですが、大家さんに言っても埒があかなかったので、警察に連絡しました。
 らば、同じ大家さんの持っている、別の駐車場を新しく借りた人が、間違えて入れていた、とのことでした。
 しかも、その人は日曜の夜にならないと、こちらに帰って来られないので、車を動かせないとか。
 仕方がないので、日曜の夜は、村井さん(車)はカーポートの下に。
 月曜の朝、見に行ったら、まだ私のスペースに車が入っていたので、ああもうどういう人なんだろう、と憤りつつ、もう一度大家さんに連絡したら、やはり埒があかなかったので、もう一度警察を通じて車の持ち主に連絡してもらいました。
 先ほど、帰宅したところ、やっと消えていました。
 車の持ち主は、どうやら近所の人らしいのですが、どこの誰かはもちろんですが教えてもらえませんでした。
 しかし、車種とナンバーは車が動いているか等、散々確認したせいで覚えてしまっているので、しばらくの間、近所の駐車場で同じ車種の車を見るたび、嫌な目つきでナンバーを確かめてしまいそうな自分が嫌です。
 何だかもう3年分くらい腹を立てたような気がします。
 人間が小さいよなあ、と思いつつ、でも、こういうことは大いに怒るべきだよなあ、とも思います。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。