123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなわけで帰り道にある和カフェにやって来たのだ

 喫茶店で「with」を読んでいたら、ああいう雑誌によくある1か月着まわしみたいな特集で、モデルさん演じるOLさんが、友人に紹介されて食事をしたり野球観戦をしたり、最終的につきあうことになったらしい男性の名前が、阿部さんでした。
 3つだか4つだか年上の、素敵な大人の男性、阿部さん…。
 何というかもう、違う阿部さんが思い出されて思い出されて、春色スカートが、とか、心からどうでもよくなってしまいました。

 ちまたでうわさらしいジェロさんのCDを聴く。
 「海雪」よりも、B面の方が好きだ。
 聴きながら一緒に歌っていたら、誤ってインスタントコーヒーをどろどろに濃くしてしまった。
 苦い。
 ので、ひと口飲んではお湯をつぎたしつぎたし。
 戸外では猫がさかっている。
 早い、まだ早いような気がするぞ季節的に。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。