123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼくの好きな先生」って!

 しまったRCサクセションは鬼門でした。何かもういきなり聴きたくなって、「ぼくの好きな先生」と「雨あがりの夜空に」を。もう何度もいろんなところで書いていますが、先生は私のアニマです。しかも地味めな先生。若いのか年寄りなのか、実年齢は判然とせず、しかし、佇まいはおじさんぽい先生。そして、そんな先生に叱られる劣等生のぼく。私はもう、「ぼくの好きな先生」だけで、一晩くらい軽く妄想の旅に出っぱなしになれますよ。「ぼくの好きな先生」の「先生」が、「雨あがりの夜空に」の「おまえ」に変化していく過程とか、もうね…。昔、『風呂上りの夜空に』ってありましたね。ヤンマガ。内容を思い出そうとすると、『バタアシ金魚』のカオル君が邪魔をします。
「おれ、レット・イット・ビー(あるがままに)って大嫌いなんだ!」
 そうか。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。