123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋四郎さま参る

 お久しぶりですsmile again.
 さて、近頃何をしていたかといいますと、マンガ版マリみての最終巻を読んだり、ハム研やネウロの新刊を読んだり、
 チューボーですよ!で、久しぶりにそのかわいさに打たれた永作博美の写真集を探すも、月刊永作博美までやたら高騰していたりしたんで諦めて、大昔に録画した『さんかくはぁと』を見たり、ribbonのCDを聴いたり、
 よく行っていたお好み焼き屋が閉店して悲しい気持ちになっていたら、すぐ隣にリニューアルオープンすることが分かって嬉しくもがっくりしたり、
 クローズの高梨修ちゃんは、作中のケンカではほぼ100%負けっぱなしだけれど、それなのに何故にあんなにかっこいいのか?それはやはり、千秋がパルコとタイマンをはった後のふるまいであるとか、石井兄弟がテルたちに頭を下げると言ったときの態度であるとか、中島が初めて黒焚の集会に出席した際の河二の1年への対処であるとか、そういうのがかっこいいんだよな、
 とか、
 達海は冴羽獠の系譜に連なるキャラクター、銀魂の銀さんも同じ、
 とか、
 恵方巻の習慣が名古屋にまで伝播したのはいかがなものかと思う。何故なら私は海苔巻があまり好きではないから、
 とか、
 ラブやんのカズフサは、ロリオタプーでさえなければ、意外といい奴なんではないか?しかし、ロリでもオタでもプーでもないカズフサは、もはやカズフサとは言えない。8巻の庵子のアレの回のカズフサの、「いずれ『特別な友達』を選ぶ日が来るんだよな 遅かれ早かれ」という言葉は、この年齢になるととてもしみる。友人同士が結婚したりすると、何でかいつもとても切ない、
 とか、
 いろんなことを考えたり考えなかったり。
 あと、村井さん(愛車)のワイパーのゴムを替えたり。
 一昨日、最寄り駅の近くに借りている駐車場に村井さんを迎えに行ったとき、歩いたり走ったりして行きたい、しかし、夜なので危ないなと思い、父が昔現場で着ていたジャンパーにジャージの下を着てワークブーツを履き、毛糸の帽子(目出し帽ではない黒い帽子)をかぶって髪の毛は結んで帽子の中に入れ、メガネをかけ、とどめにマスクをして行くことにしました。
 名づけて「フグはフグの毒にあたらない作戦」、すなわち、犯罪者の人に、「あ、お仲間か」と思ってもらい、危険な出来事を回避する戦法。
 警察の人に呼び止められました。
 職務質問なんて、ほぼ10年ぶり。
 マスクとメガネと帽子をとって顔を見せたら、とても気まずそうな顔をされました。そして、上記作戦について説明したら叱られた。
 バスに乗っていくよう諭されたので、その後はバスに乗りました。
 家に帰って事の次第を母に話したところ、母にも叱られました。

 ところで、今週の「モーニング」。
 巻頭かぶく者のおもしろ値が激高。
 恋四郎さんの「こんなに早く出てきて……何て子!」に、姫川亜弓さんの魂を見ました。
 新九郎……恐ろしい子!
 宇宙兄弟とジャイキリが前後に掲載されていると、夏木がNASAで弟と会ったり、南波兄がFWで世良をかまったりと、頭が混乱します。
 友人が、ETUの選手中、己の着るレプユニは村越と言っていました。私はジーノだな。
 関昭が最終回。実は、今週の表紙を見るまで気づきませんでした。
 誰寝はおやすみ。
 エレキングは眠れぬ奥さんとその旦那。久しぶりだなあ。
 ディアスポリスは、イケメンが意外と弱かったことに驚きました。あと、1頁目の、「仲間」と書いて「オメガトライブ」に吹いた。カルロス・トチキだもんな。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。