123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 大晦日の31日は兄家と上の娘さんと、かねて約束していた映画に行きました。
 『マリと子犬の物語』
 泣いたよ、ああ泣いたさ!
 帰り道でペットショップに寄って、うっかり柴犬を飼いかけたよ!思いとどまったけどさ!
 完全にフィクションであろう部分のストーリーは大変にベタ(最初の、子どもが捨て犬を拾ってくるところとか)。
 しかし、その分つくりが丁寧で、出ている役者さんも好きな方ばかりだったため、安心して見られました。
 地震の場面も、音などが抑えられていて、それほど恐くはなかった。
 とはいえ、土砂崩れや、倒壊しかけた家の中で、天井の梁がミシミシいう場面では、さすがに背筋が寒くなりましたが。
 パンフレットには、恐い映画になりすぎないよう、意識してそうしたと書かれていました。
 娘さんは時に顔を伏せ、時に私のコートにしがみついていました。
 私が子どもの頃、『アンネの日記』の舞台を観に行って、途中で恐怖がリミットを越えて、劇場を出たことがありましたが、ギリギリそうならないよう、考えてつくられている感じ。
 ああ!しかしもう犬は!犬ってやつは!

 年が明けて、1日は静岡にある母の実家に行き、数年ぶりに祖父に会ってきました。
 お年玉をもらってしまった。
 今年はがんばろう。
 帰りの車の中で、兄家の娘さんたちに「山賊の歌」を仕込み、最後には必ず、
 おしまい(おしまい)
 ポテチン(ポテチン)
の2言を忘れずに付すべし、と教えていたら、母に叱られました。
 今年はがんばろう。





スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。