123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防空壕

 乱歩に美青年で、村山槐多を思い出します。

 多分、「別冊太陽」だったと思うのです。
 乱歩の特集をやっていた号に、乱歩が槐多の描いた美青年だったか美少年の絵を、「僕のジョコンダ」と呼んで愛蔵していたという記事があったのです。
 当時は、ジョコンダ=モナリザだとは全く知らず、僕のジョコンダって何だか格好いい言い回しだーと、ただただときめいていました。

 それからしばらくして、三重の県立美術館へ、村山槐多の展覧会に行きました。
 そこで、槐多が中学時代に片思いをしていた美少年へのラブレターと一緒に展示されていた、その少年の肖像画を見て、
 ユリイカ!
 これがジョコンダ!と。

 肖像画の方は、もしかしたら実物ではなく写真だったかもしれませんが、大変にきれいな絵でした。
 時代が時代ですから、美少年はもちろん坊主頭。
 ちょっと俯いた横顔のバストショットです。
 全体に青色。
 透明で静かな感じの水彩画。
 後の槐多の絵とは、少し雰囲気が違います。
 で、私はずっと、この少年の絵こそ、乱歩曰くの「僕のジョコンダ」だと思いこんでいました。
 のですが、違った。
 10年以上ぶりに勘違いが正された。
 乱歩のジョコンダは、「二少年図」という槐多の別の絵でした。
 ああ、「別冊太陽」に載っていたのも、確かにその絵だったような気がします。
 いい加減だ(私が)。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。