123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄とトムとジェリーと

 兄家の娘さんたち2人の間で、今、『トムとジェリー』がとても流行っています。
 先だってわが家に来た際にも、
「とっむーとじぇりー なっかっよくけんかしな!」
と1日中歌いからかしていました。

 何だか兄がDVDをどんどん買ってきているらしいのです。
 子供が喜ぶからっていっぱい買うのよくないと思うの、と母は心配していました。
 しかし、大丈夫ですお母さん。
 他はともかく、『トムとジェリー』なら、彼は子供のためではなく、確実に自分のために買っています。
 兄は私と違い、マンガやアニメに耽溺することのあまりない成人男子ですが、なぜかあのネコとネズミの話が大好きです。

 私が子供の頃、夕方、よく『トムとジェリー』が再放送されていました。
 兄はそれを見ている間、どんなことがあっても私にチャンネルを譲ってはくれませんでした。
 普段は優しい兄が、そのときだけはまるで鬼でした。
 それどころか、毎日ビデオ録画して、帰宅時間の関係で見られない日はもちろん、一度見たものもくり返しくり返しビデオで見ていました。
 兄が自室にテレビがほしいと懇願したとき、両親はあの子も年頃だからねうふふふふ、となっていました。
 お年玉でビデオを買ったときはなお、です。
 でも、妹は知っています。
 兄は、自室のテレビで、それは確かにいやらしいあれやこれも見ていたのかもしれませんが、おそらく一番よく見ていたのは『トムとジェリー』です。
 間にあるのは薄い壁1枚の隣の部屋です。
 あのテーマ曲も、ナレーションの声もよく聞こえました。

 ちょうどTMネットワークがTMNにリニューアルして戻ってきた頃でした。
 TMの出演した回のミュージックステーションを見逃した私は、兄に頼んでビデオを借りました。
 「LoveTrain」で長髪にキャップの3人を充分に眺めまわし、番組が終わり、ちょっとトイレと席を立ち、戻ってきたところ、画面の中では、ピアノを引くトムがジェリーに指を鍵盤の形にされて「アオッ」とか叫んでいました。
 何てかわいそうなトム。
 どうやら兄は、ミュージックステーションの後に『トムとジェリー』を録画したらしい、と気づいたのは、最後まで再生されたビデオが自動的に巻き戻され始めた後。
 その頃、TMが大好きだった兄は、彼らの番組は全て標準録画をしていました。
 そして、『トムとジェリー』も、3倍速ではなく、録画で。
 よく見れば、兄のテレビの横に詰まれたビデオには、「TM&TOM」とラベルに書かれたものが何本も。
 どうやら、当時の兄にとって標準録画に値するテレビ番組はTMと『トムとジェリー』の他にないようでした。
 ああ、TMネットワークのTMと、『トムとジェリー』のトムのTOMをかけているんだね、お兄ちゃん…とすごく優しい気持ちになりました。

 そんな兄ですから、『トムとジェリー』のDVDを買ってくるのは、大丈夫です、お母さん。
 それは子供たちを甘やかしているのではなく、単なる大人買いです。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。