123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンドウ礼讃

071013_1450~0001.jpg


 リンドウの花をいただいたので、玄関に飾りました。
 この写真ではよく分かりませんが、実に美しい。
 リンドウと言えば、先日もここにアニメのことを書いた『銀河鉄道の夜』で、花瓶に活けながら、

 ああ、りんどうの花が咲いている。もうすっかり秋だねえ。

 などとカムパネルラの真似をしていたら、横で見ていた母に大層気味悪がられました。

 また、リンドウと言えば、思い出すのは、『銀河鉄道の夜』ともう1つ。
 題名は知らないのですが、小さな頃から割と愛唱している歌です。
 ご存知の方いらっしゃるでしょうか。

 生きている鳥たちが生きて飛び回る空を
 あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは

 という歌い出しの、この歌の2番に、

 近づいてごらんなさい リンドウの花があるでしょう

 と、リンドウが登場します。
 父親が子ども(私の頭の中では当然のように息子だ)に、語りかけている、それも言葉には出さず、心の中で語りかけているような感じにグッときます。
 いやしかし、本当に、実にリンドウは美しい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。