123号

マリみて新刊

 メガネは結局見つかりませんでした…。
 コンタクトレンズだけで生活するのがこんなに不便とは知らなかった123号です。
 今日の帰りに新しいメガネを買いに行く予定ですが、余計な出費だなあ。今後は気をつけます。

 沈んだ気持ちよ少しでも上向きに、ということで、マリみて新刊買いました。
 『薔薇の花かんむり』。
 やっと、やっとか、という感じ。
 姉妹云々については、前の巻で決着が実質ついていたところでもあるし、割と冷静に読みました。
 今回は、祐巳さんと演劇部の部長の対決が良かったな。マリみては、結局、姉妹にはならなかった2人の描かれ方がとても良い。
 祥子さまの奇行の理由は何だろう。小笠原家は自分で継ぐがゆえに、その能力があることを主に祖父や父に示してみせるわで、何かの試験を受けていた、とかだろうか。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック