123号

『ラブやん』7巻

 買ってまいりました、『ラブやん』の7巻。現在連載中の作品で、新刊が出ていたら必ず買うマンガの中に、これが入っていると思うと、カズフサと同じ2X歳児のわが身をうーん、と省みたりしてしまうのですが、文句なくおもしろいです。
 表紙をめくったカラーページから、いきなり禍々しい生き物(?)が登場したので、あれ?これ『ラブやん』でしたよね?と思わず中身を確認。更にページをめくると、媚びっ媚びのヌイグルミのクマまで登場していたので、更に、あれ?『ラブやん』ですよね?と。
 ところで、人形か妖精か、どう見ても禍々しいアレの名はデーボ。検索してみたところ、元ネタは『ジョジョ』だそうです。うん、間違いなく『ラブやん』でした。

 7巻で特におもしろかった話は、巻頭のデーボとオナホとダイエット。
 どうも私、すぐれて引きこもり的なことに、主にカズフサ宅の中で進行する話が好きみたいです。
 庵子の職場に、ラブやんとカズフサが潜入したとき、ラブやんの開いていたマンガのページに、『やる気まんまん』のオットセイが描かれていたことが気になりました。あと、この巻は、海老が好物の人には地雷です。

 明日はサッカー観戦のため遠出の予定。早起きが辛くないために睡眠をとるか、普段は明日も平日よ、ということで見られない深夜アニメを見るかで、心が揺れに揺れています。
 がんばれカズフサ!私も2X歳児だ!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック