123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月タイの日

今日は、狸が出張でいないので、夕食は狸のきらいなものを食べました。
いや、別にきらいなものを出したからって怒られたりはしないのだけれど、そして、それで怒るような狸は許さぬけれど、わざわざ別々のものを作るのは面倒くさいのです。
タイカレーを作って食べました。
ココナツミルクは狸の食べられないもので、私も実は得意でない…はずなのに、ごくたまに、無性に食べたくなります。
タイミングのいいことに、今日がその日。
緑色の辛い辛いカレーを食べながら、いつぞや、タイ料理店で盛大に酔っぱらって、一緒にいた友だちに盛大に迷惑をかけたことを思い出し、その場に土下座したくなりました。
しかし、食べている途中なので、土下座はできず、仕方がないので、隣にいたみどりちゃんに「ごめんね」と言いました。
みどりちゃんは、「?」って感じで小首をかしげていらっしゃいました。
かわいい!
それで、タイカレーを食べるなら、飲み物もそれっぽいものがいいな、とバジルシードのドリンクも買いました。
珍しく勇気を出して成城石井に行ったので、いろいろな種類の並ぶ中から選ぶことができました。
一番東南アジアっぽい、というか、坂田靖子先生の「タマリンド水」という短編を思い出し、どんな味か試してみたくなって、タマリンドをチョイスしました。
とはいえ、バジルシードもタマリンドも実は初めて口にするので、失敗したときの保険として、飲むヨーグルトも購入。
カレーが予想以上に辛くできてしまったため、カレーを食べるときの飲み物は飲むヨーグルトにして、バジルシードの方は風呂あがりに飲むことにしました。
で、今飲みました。
バジルシードは、何かヌルッとしたメディアに包まれた小さな種で、味はないけれど、食感は好きな感じ。
タマリンドは、パッケージには柑橘類のような、と書いてありましたが、メロンに似た味だな、と思いました。
「タマリンド水」では、タマリンドは、ジュースではなく、スープかシチューに使われていたはずです。
味わったけど、味わったけど…「タマリンド水」に出てくるタマリンド水の味は、まだ分かりません。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。