123号

朗読・『100分de名著』

6月の『100分de名著』が、『遠野物語』です。
この何が嬉しいって、柳田国男の文章が、いい声で朗読してもらえることです。
今更私なんかが言わなくてもアレですが、柳田国男は耳で聴くとすごくいい。
何というか、目で読むだけでは入ってこない部分がスッと入ってきます。
以前、Eテレの『日本人は何を考えてきたのか』で、柳田国男の『雪国の春』や『遠野物語』を田中泯が朗読していて、番組のテーマとは全く別のところで、感動してしまいました。
確か『姑獲鳥の夏』で、京極堂が、民俗学は文学だという話をしていた覚えが。
柳田翁の書いたものなんて名文すぎて云々と(例によって関口君に)言っていました。
耳で聴くと、それがすごく分かるな、という感じです。

ところで、5月の『100分de名著』は『旧約聖書』でしたが、それの最終回が、スタジオに司会で伊集院光、ゲストに姜尚中、朗読が松重豊といい声祭りでした。
松重豊の『旧約聖書』は、もう全部読んだのCDで出して、というくらいピッタリでした。
ああでもビジュアルも含めるとよりピッタリだから、DVDとかBDの方がより。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック