123号

リベンジ

金曜日に買いそこねた『動物のお医者さん』の愛蔵版を買いに、本屋へ行きました。
愛蔵版の3巻と4巻を買った。
コミックスを手放してしまったのは、もう何年も前ですが、息を吸うように再読していたマンガなので、絵もセリフもほぼ覚えています(でも買う)。
愛蔵版では4巻に収録されていた、雪の夜に獣医学部が停電する話で、無菌室から脱出しようとして体のつかえた漆原教授を発見する場面、菱沼さんのアップのコマに、コミックスではクマのプーさんが描かれていたことも、息を吸うように思い出せます。
権利関係とか、いろいろあるんだろうね。
あと、ニワトリのヒヨちゃんがインフルエンザにかかる話で、ページの隅に鳥インフルエンザに関する注釈が追加されていたりして、時代の変化を感じました。

仁義なきキリスト教史仁義なきキリスト教史
(2014/02/26)
架神 恭介

商品詳細を見る


あと、これも一緒に買いました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック