123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美浜幕府

今日は久しぶり……昨年の9月ぶりに南知多へ行きました。
まず豊浜の魚ひろばへ行って、ブリ丼とまぐろカツを食べて、フグとにぼしともずくとしらすを買いました。
フグは今日半分鍋にして、もう半分は明日ソテーにする予定。
しらすも明日温泉卵といっしょに丼にする予定。
買った物をクーラーボックスに詰めた後、温泉に入ろうと思ったら、時間が悪くて入れず。
その代わりに、と言っては何ですが、野間大坊に寄って帰りました。
野間大坊と言えば、源義朝終焉の地。
一昨年の大河ドラマでは、雪の中鎌田正清と刺し違えて……それはいいものを拝ませてもらいました。
けれど、一般的には、義朝は風呂をつかっているところを襲われ、木太刀一本でもあれば!と言って絶命したことになっています。
なので、野間大坊では、義朝のお墓に木太刀をそなえます。
一本500円。
マジックで願い事も書きます。
私も子供の頃から、野間大坊を訪れるたび、木太刀をそなえてきましたが、山と積まれた木太刀を目にし、最近になって思うことは、丸腰のところを襲われて殺されるとき、木太刀でも、と言った人に、何百年もの間(かどうかは分かりませんが)木太刀をそなえ続けるって、何だか壮大ないやがらせのようなツッコミ待ちのような……いや、今回もマジックで大きく「健康」などと書いた木太刀をそなえたわけですが。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。