123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランスピアー

今日から東海テレビで始まった特撮『黄金鯱伝説グランスピアー』を見ました。

『黄金鯱伝説 グランスピアー』

変身のかけ声が、「まーかん!」なのが大変たのしい。

名古屋のローカルヒーロー……なので、もう当然のように城がモチーフです。
それなのに、第1話の眼目が、名古屋城の金シャチはダミーで、本物は清州にある……でいいのか?いいんだろうな。

世界を征服する力だったか、転覆する力だったかを持つ覇導石を徳川家康が8つの金シャチで封印したため、妖神オソガイが、3人の怪人を使って金シャチを狙うも、代々金シャチの封印を守ってきた家の息子が、海神トリトンの命を受けてグランスピアーに変身、オソガイの野望をくじく……!というのが、『グランスピアー』のあらすじだと思いますが、採石場で火薬をばんばん使う戦闘シーンといい、3人の怪人のコミカルなやりとりといい、そのうちの一人で、唯一の女性怪人のちょっとしたお色気といい、何とも懐かしい特撮でいいなあ、と思いました。

放送が東海テレビなので、東海ラジオの大スター・宮地佑紀生が主人公のおじいちゃん役で出ているのも、リスナーには嬉しいところ。
しかし、宮地さんが大学生の「おじいちゃん」役というのに、ちょっとショックを受けました。
おじいちゃん……お父さんじゃないんだ。
そんな年か?と思って、今調べたら1949年生まれで、やっぱりちょっと若いおじいちゃんでした、良かった。

ところで、主人公にグランスピアーへ変身する力を与える神様がトリトンなのは、どうしてなんでしょうか?
シャチ=海にいるものだから、のトリトン?(だったらむしろポセイドンじゃないのか?)
それとも、まさかの名港トリトン?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。