123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ところで」に負わされた荷が重い

今日は私の誕生日でした。
以下は、先ほど父から来たメール、ほぼ原文ママです。

タイトル:おめでとう(音符とキラキラと笑顔の絵文字)

○回目のお誕生日おめでとうございます。
今後の抱負、是非聞かせてください。
プレゼント(ケーキとプレゼントの絵文字)何か欲しいですか。
ところで、○○(伯父の名前)の伯父さんが今朝亡くなりました。
お通夜・告別式について相談したいので連絡ください。

ごめんなさい、こういう時どんな顔していいのか分からないの。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

3行めまで

理想的な父娘のメール文だった…!
遅くなりましたがお誕生日おめでとうございました、と言いだしづらいこの空気!!
プレゼントは父子番組情報の発送をもって変えさせて頂きました。
ところで今月の100分de名著は古事記なので是非。

ノ@ラフカディオハーン | URL | 2013年09月20日(Fri)02:46 [EDIT]


Re: 3行めまで

お誕生日ありがとうございます。
しかし、貴女の教えてくれた父子番組は、台風のせいで時間通りに帰りそこねて見そこねたという悲劇…!
私の父子神通力も、さすがにいよいよ薄れてきたか?
励ましてくれてもいいのよ?

123号 | URL | 2013年09月26日(Thu)18:57 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。