123号

眼福

一つ下の記事に書いた本に触発されて、『平清盛』の録画を見返しています、いま。
主に『清盛』の後半を見ているんですが、本放送のときには、何だかそれどころじゃなくて、あんまり気づきませんでしたが、改めて見ると、このドラマ、びっくりするほどイケメン祭りだったんですね。
次から次へと、それはもうきれいな男の子ばかりが現れる。
個人的には、最終回の清盛in西行と対面する頼朝、義経の最期、子兎丸の船出が何と言うか……。
ほぼ涎出る感じで、ポカーンと口開けて見ておりました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック