123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きじゃ、北条

しびれるほど…というあなたにお勧めの一冊。

北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ)北条氏と鎌倉幕府 (講談社選書メチエ)
(2011/03/11)
細川 重男

商品詳細を見る


大丈夫?これ大丈夫?と読みながら心配になるほどフランクな文体と分かりやすい構成、あふれる鎌倉幕府愛で、グイグイ読めました。
北条氏はなぜ将軍になれなかった/ならなかったのか、という問いから始まって、なれなかった/ならなかったのなら、北条氏の支配に正統性を与えていたのは、どんな論理か、を解き明かす本です。
が、それらの問いや論理に壮大な答えを期待していると、たぶん肩すかしを食らうんじゃないかと。
少なくとも本書前半の主役である義時の時代にそれはなく、むしろ、義時の事績が神話を産み、それが、本書後半の主役である時宗の時代に整理されて、得宗専制の時代に、一種の徳治主義のような思想を産んだ…という理解でよろしいのか。
読み終わると、二人だけでなく北条氏、そして、鎌倉武士が愛しくなります。
ネタばれを恐れず、本文ラストの数行を引用。

 鎌倉幕府の歴史は、迷走と混乱の連続であった。政権運営の知識も経験もなかった東国武士たちが作った鎌倉幕府は、王朝以外に手本らしい手本を持たず、試行錯誤を繰り返した。その手探りの中で、呆れるほど多くの血がムダに流されていった。
「こんな時代に生まれなくてよかった」
 と安堵する人もいることだろう。しかし、義時・時宗をはじめ「こんな時代」に生まれてしまい、それゆえ野蛮で無知だった人々は、それでも今日よりよい明日を築こうと、文字通りの悪戦苦闘を続けたのである。

好きじゃ…北条、しびれるほど…。
本当に読みやすくておもしろいので、是非。
大河ドラマ『平清盛』の泥まみれで野菜作りの上手い北条時政や、『北条時宗』の兄弟が好きだったあなた、特に後者には是非。
同じ著者の『鎌倉北条氏の神話と歴史― 権威と権力 ―』 という本が元になった本らしいので、それも読もう、と思ったら、品切れになっていました、残念なり。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。