123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶり

かわぐちかいじ先生の新連載が頼朝、と友だちが教えてくれたので、久しぶりに「モーニング」買いました。
久しぶり……『誰も寝てはならぬ』の最終回以来ぶりくらいです。
表紙の少年が頼朝か、美しいのう、と思っていたら、それは義経というか牛若(おそらく)で、開けて1ページ目の『ジパング』の津田大尉みたいな顔をした少年が頼朝でした。
うん、かわいい。
ところで、タイトルが『ジパング 深蒼海流』だったので、私はてっきり角松と草加の顔をしたおじさんたちがドンパチやる話だと思っていたら、頼朝が違う顔だったので、どうやらそういう話ではないようです。
そういえば、1話の時点では、角松の顔した登場人物がいません。
角松の顔……深町の顔と言い換えてもいい。
あえて言うなら清盛でしょうか。
しかし、主人公たちと同年代にいないとな……。
草加の顔=海江田担当は、たぶん義経。
今後出る登場人物で、ありそうなのは、北条の皆さんか、安達か、比企か、梶原か……。
もしかしたら、弁慶じゃないか、という気が今、突然してきました。
しかし、弁慶は義経サイドなので、もし弁慶が角松だったら、角松&草加対津田……。
鎌倉が勝てる気がしません。

そして、『鬼灯の冷徹』の表紙で、鬼灯が読んでいる本が『画図百鬼夜行』だったのに、京極堂を思い出す。
ダメだ、一度京極堂だと思ったら、もう京極堂にしか見えません。
なので、これも久しぶりに『鉄鼠の檻』を読みました。
今年の正月以来ぶりくらいです。
旅行に行かないかね、の京極堂に、ひたすら、話が長えよ、と思う。
あの呪いの威力ってすごい。
もう京極堂が、一緒に旅行に行きたいのに、なかなか素直になれない人にしか見えない。
愚図にしか見えない。
中禅寺さん実は愛すべきキャラだな!と今更ながら思う。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。