123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Q』(ネタばれ有)

土曜日の朝、宿儺かぼちゃでパウンドケーキ作りました。

sukuna3.jpg

見た目はパウンドケーキですが、味は蒸しパン、あるいは鬼まんじゅうです。
蒸しパンや鬼まんじゅうとしておいしい。

昼間には、みどりちゃん(小鳥)を、部屋の中で放したりなどしました。

midori62.jpg

本棚の上に置かれた箱の上。
部屋で最も高い位置より、こちらを見下ろすみどりちゃん。
人がゴミの(略)等言ってほしい。

そして、夜は『Q』を観に行ってきました。

ここから、ある意味ネタばれかもしれないので、反転させます。
(こういう風じゃ全くなかったよ、ということを書いているので、映画の内容に直では触れていません上に、とてもばかばかしいです)

金曜日に金曜ロードショーで『破』を見て、そのラストで流れた『Q』の冒頭数分。
それを見て、『Q』の内容を、

初号機に槍を刺してサード・インパクトを止めたカヲル君搭乗のエヴァ6号機。
しかし、6号機は、使徒っぽいような量産型っぽいようなものを引き連れ、そのまま地球に侵攻する。
捕らわれるネルフ職員。
マリはアスカのみ救出に成功する。
一方その頃、捕らわれのシンジは、廃墟の中でピアノを弾くカヲル君と出会い、6号機のパイロットとは気づかないままに色々。
一方その頃、マリとアスカの方にも色々あり、マリは正気に戻ったアスカとともにネルフ関係者を救出する。
月から飛来する使徒っぽい量産型っぽいものと戦闘戦闘また戦闘。
その過程で、カヲル君が6号機のパイロットで、自分たちの敵だということを知り、シンジはショックを受ける。
更に、カヲル君の魂が、アダムのそれであることも判明。
赤木博士は、シンジたちを例の綾波水槽のもとへ導き、そこで、レイの秘密を明かす。
更にショックのシンジ。
カヲル君の狙いが、アダムとリリスの魂の融合によるサード・インパクトの発生にあるとして、リリスの魂=レイを守ることに死力を尽くすことになる。
また、カヲル君の裏にゼーレがいることも分かり、ネルフとしては、表立ってゼーレと事を構えるわけにはいかないため、山登りなどして逃避行の日々。
一方その頃、ゲンドウはゼーレとは別のアダムとリリスによるサード・インパクトの発生を狙って暗躍。
『破』で冬月先生の言っていた、やはりあの二人でサード・インパクトは云々のあの二人は、実はカヲル君とレイを指していた。
ゲンドウは、アダムの魂を持つカヲル君ではなく、自らアダムとなってのサード・インパクトの発生=人類補完計画の発動を狙って、具体的にはアダムの胎児を食ったり色々。
一方その頃、レイを連れて逃げるシンジたちは、ついにカヲル君たちに捕捉され、エヴァとエヴァとで大乱戦。
必死でレイを守るシンジたち。
しかし、実はカヲル君の狙いはレイではなかった。
ゼーレの思惑とも、ゲンドウの思惑とも別に、カヲル君が狙っていたのは、やっぱりシンジ君。
カヲル君は、シンジ君がエヴァ=イヴだとか言い出す、突然。
だってエヴァに乗ってるし、アダムのコピーだったらイブじゃん、などと。
エヴァに乗ってるのはシンジ君だけじゃないし、エヴァってエヴァンゲリオンで福音だからイヴじゃないし、初号機はリリスのコピーだから、アダムのコピーならむしろ零とか弐とかだし……などの諸々は、渚さんには常に届かない。
アダムとリリスじゃなくて、アダムとイヴで、聖書的に正しい補完を、やろうぜ!とシンジ君を誘う。
具体的には、エデンの園(月か?)に戻って、体はクローンで作って、魂がどんどん乗り換えていけば永遠に生きられるから子孫とかいらないので二人で楽しくいこうよ、みたいな。
それがカヲル君の言う、今度こそ君だけは(略)の意味。
しかし、エヴァのパイロットたち、その他の人々との絆wが既にできているシンジ君は、迷った末にカヲル君を拒絶する。
『ここはグリーン・ウッド』10巻のスカちゃんの如く、それじゃ僕たちは何のために一人で生まれたのか分からないじゃないか、みたいな。
そして最終決戦でカヲル君を倒すのでゼーレの計画が頓挫、次作はいよいよラスボスことゲンドウと対決で、俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!!


……みたいだったらどうしよう、とか妄想していた私のアレが、思い切りぶち壊されて、その点では本当に良かったと思いました。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おもしろい!

山口孝志穂 | URL | 2012年11月23日(Fri)01:53 [EDIT]


ありがとう!

123号 | URL | 2012年11月23日(Fri)07:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。