123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば

一つ下の記事で、清盛がおめでとうおめでとう言われて……みたいなことを書いていますが、しかし、対重盛の清盛は、シンジ君というより、むしろゲンドウっぽいな、とも思いました。
どうも清盛は、出自がトラウマになっているからなのか何なのか、人を愛する、というのが、とても不得手に見えます。
自分から一生懸命→を出して愛したのって、もしかしたら明子くらいなんじゃなかろうか。
義朝にしても、後白河にしても、その内容は色々ですが、清盛にそれはもう必死で→を出しているのに、清盛はどうもそれに対する反応が鈍い。
清盛の方から特に働きかけをしなくても、ひたすら愛してくれる時子や、貴方の忠義はむしろ怖い、でおなじみの盛国さんと相性がいいのも、むべなるかな、という感じで。
その辺りの清盛のアレで、一番割を食ったのが、清盛の子どもたち、わけても後継者の重盛で、殿下乗合事件のことなど思い出すと、親子的な意味で清盛にノン!と言いたくなります。
昔々に、家盛に忠盛の後継者の座を奪われそうになった清盛に、時子が、どれだけ落ちぶれてもそばにいる、と言って、清盛が、縋るように時子を抱きしめる、というシーンがありましたが、今日の清盛には、それを思い出しました。
瀕死の息子を後ろから抱いて、まるで縋っているように見えましたよ、清盛。
後白河氏に対する、立ち去れ!はもはや人間に対するセリフではなく。
モンスターに見えたんだろうなあ、そして、重盛を魔法のアレのように抱いたんだろうなあ。
ここで、重盛が何か清盛を救うようなことを言えば、後の清盛の悪落ち(としか言いようがない)もなかったんだろうと思いますが、しかし、今までの清盛の息子に対する態度を見れば、そんなハッピーエンドは親子の神が許しません。
さっき友だちが、義朝のときと同じで、清盛はまた失ってから大事だったことに気づく、みたいなことを言っていましたが、その通りだと思います。
その点に関しては、学習機能が搭載されていない。
しかし、親子的には満点をさしあげたい感じでした今回。
後白河のおかげか、ナイスアシストか、まさか。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。