123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナドナ

兄家の娘さんが来ました。
夕方、わが家で餃子を作る。
具を皮に包みながら、ふと「ドナドナ」を口ずさんだら、同じく包んでいた小学生に、その歌知らない、と言われました。
変な歌、とも。
そこで、ここは世の中の厳しさを、一旦教えておいた方が良かろうと思い、「ドナドナ」を、ほぼエンドレスでリピート。
しましたところ、根負けしたのか、単に覚えたのか、最終的には、「ドナドナ」を唱和する小学生、響き渡るある晴れた昼下がり市場へ続く道。
勝った!と思いました、私。
その後、焼いた餃子を食べる。
おいしかったです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。