123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きじゃ、北条……

しびれるほど……。

手持ちのワンピースで丈の気に食わないのがあったため、切ってブラウスにしようと、裁ち鋏を使っていた午後8時。
後白河氏の笑い声で、手元が狂うかと思いました。
新OP清盛の、セーラームーン感というか、ここから変身しそうな感じは何なんでしょう。
もしも『清盛』がセーラームーンなら、盛国は亜美ちゃんなのかルナなのか、決めかねます。
ところで、第一部あたりの清盛は、当時まだ鱸丸だったかもしれない盛国に、青臭いと思われていたんですね、やっぱり。
京都にいる恐いお方のことを幻のように思ったり、思い出しもしなかったりしながら八重姫との恋に落ちていく頼朝にぞわぞわしたんですが、親子的には大外から重盛が来ました。
畑仕事の得意なエンケン時政の今後と、第三部の予告に出てきた姿が、とてもかわいかった杏政子の登場が楽しみです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。