123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のホラー回

でした、今週の『平清盛』が。
しかし、このドラマのみで言えば、あのご兄弟におかれましては、弟さんが悪いとしか……。
でも、お兄ちゃんの方も、《あなにくし》の前科があるからな(あれも冤罪っぽいけれど)。
ところで、今回は、崇徳院の突っ返された経典と、平家納経とをセットで扱うためか、それとも、次回から第三部でスケジュールが押しているからか(気づけばもう30回近いのですよ)、とても駆け足というか、ダイジェスト感あふれる回でした。
崇徳院の最期も、平家納経も、基盛死すも、時忠流罪も、それだけで1話できそうなエピソードであるところ。
もっとも、そんな駆け足のおかげで、割と冒頭に出てきた、憲仁親王を皇太子にしよう計画は、ほぼ一瞬で二条天皇にバレたことになっていて、面子だけ見て杜撰な計画に違いないと思っていたため、爆笑しました。
しかし、今回は何と言っても崇徳院で、特殊メイクで呪いに勤しんでおられる姿は、一緒に見ていたまみちゃんに、これARATAだよね?本当にARATAだよね?と何度も確認してしまいました。
あの美しい人がこんなになるなんて……恐ろしい。
崇徳院の着ていた黄色い着物に、鳥羽院とのことを思い出したりもして(親子の味方として)悲しくなったりもしました。
夜が明けて、嵐が去って、崇徳院の顔が元に戻ったときには、心底ホッと。
恐かった。
今からでもいいから一言謝れと思った(弟に)。
あと、早く讃岐に行けと思った(西行に)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

俺の崇徳がこんなに怖いわけがない

ご無沙汰です~。
今回の清盛、ホラー大好きな私でも「大丈夫かこれ…?」と思ったくらいなので、ホラー苦手な方だとかなりしんどいのではないかと思ってましたw 憲仁親王皇太子計画即バレ&プロジェクト納経を挟んだお陰でガチホラー一辺倒は避けられたともとれるでしょうか。ダイジェストっぽくはなっちゃいましたが…。
崇徳院の経典突っ返しに関しては、鳥羽院の写経を破いたエピソードとの対比を指摘されてる方がいらして、なるほどと思ったです。
西行が讃岐に行けば解決するのに、てのはまったくその通りとしかいいようがないですね。むしろ経典の代わりに海に沈め…いや、何でもない。
弟は…ヤンキーだからなー…(このドラマの場合)子ども抱いてる姿が何かもう「デキ婚して子ども生まれた途端子煩悩になってしまったヤンキー」に見えてしょうがなかったです…。

mame | URL | 2012年08月01日(Wed)23:27 [EDIT]


朕は友達が少ない

恐かったですね。
荒ぶっている最中は、井浦さんに本当に何か降りているんじゃないかとハラハラするほどでした。
時忠って得難い存在だったんですね(コメディリリーフという名の中和剤として)。
「デキ婚して~」は、後白河氏まさに!そうでしたね。
西行が讃岐に行って一緒にうどんでも食べてあげれば…と思わずにいられません。

123号 | URL | 2012年08月04日(Sat)09:32 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。