123号

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐鳥とワニ

昨日、BSプレミアムで、『我らほ乳類』の第2回を見ました。
これが……ものすごく恐かったです。
第2回の冒頭で例の隕石が地球に衝突し、その後、恐竜のいなくなった世界で、我らほ乳類は新たな捕食者たちにおびやかされるわけですが、これらが、とても恐い。
そして、そのこれらというのは恐鳥とワニなんですが、ほぼティラノサウルス、みたいな足でウマの祖先を蹴り殺す恐鳥が、とても恐い。
樹上の霊長類に水中から襲いかかり、一瞬で上半身ぜんぶ持っていくワニがとても恐い。
あれの仲間なんだよね……とかわいいみどりちゃん(小鳥)を見る目も、何だか変わってしまいそうです。
しかし、恐鳥は既にその全てが絶滅しているらしいので、我らほ乳類としては地球上どこに行っても安全安心ですが、ワニは場所によってはまだ全く現役というのが……。
ワニは水中からジャンプするとき、太くて長い尻尾をくねらせ、その推進力で、体が全部水面より上に出るほど高く跳ぶそうです。
水木しげる先生の戦記もので、パプアニューギニアのジャングルでロープを伝って河を渡る際、戦友を何人も持っていったでおなじみのイリエワニは全長5メートル。
ということは、地面から5メートル以内の木の枝などにつかまっていたって、奴らを相手にはムダなわけで……。
あんまり恐ろしいので、番組が終わってすぐにウィキペディア等でワニのことを調べたら、イリエワニの日本での発見例について知ってしまい、昨夜はワニの夢を見てうなされました。

スポンサーサイト

みどりちゃんと私だけの蜜あふるる約束の地

休日に本屋で衝動買いしました。


鳥たちの驚異的な感覚世界鳥たちの驚異的な感覚世界
(2013/03/08)
ティム・バークヘッド

商品詳細を見る

これと、


カラスの教科書カラスの教科書
(2012/12/19)
松原 始

商品詳細を見る

これ。

最近、本屋で衝動的に買ってしまうのは、鳥に関する本であることが割と多いです。
上にあげた2冊のうち1冊目は、タイトルページのイラストが、2羽のキンカチョウであることと、その次のページの献辞が、「本書をアオフタオハチドリに捧げる」で即決でした。
要は、みどりちゃんへの愛なんですよね。
つまり、街で君に似合いそうなアクセサリーを見つけたので、つい買ってしまったよ、という気持ちと、愛する君のことは何だって知りたいんだ、という気持ちの合体技。
ララァなら、きっと分かってくれるよね?

のび太のくせに生意気だ

職場では、あまりボロを出さない方です。
方です……と思いたい。
自宅には、人間は私の他に、狸穴(まみあな)の「まみ」から取ってまみちゃんしかいません。
なので、ここ最近、自分のことを、もしかしたら私って、結構デキる奴でしっかりもので食物連鎖(最近の言葉では食物網というらしい)でも上の方なんじゃないのか、な~などと思っていました。
ら、週末、一緒にご飯を食べた友だちに、私は、友だちと合流する前に母の日のプレゼントを買っていたんですが、「○○(私のこと)ですら、母の日のプレゼント買ったんだから、私も何かやらなきゃな」と、ごく自然に言われ、言われた瞬間に、例のネコ型ロボットと暮らすメガネの少年の顔が脳裏に浮かび、ああ私ってそんな位置だったな、と上記の思い上がりというか、勘違いというか、そういうのを反省した次第です。

咳とかマンガとかリンゴとか

先週ひいた風邪の、例によって咳だけが残ったので、病院に行ってきました。
もう咳きこみすぎて、(たぶん)肋骨が痛い。
病院で吸入薬などを出してもらって、ひと安心です。
病院の待合室では、『俺様ティーチャー』の18巻を読みました。
借り物。
ほんの2、3日前に出たマンガを貸してくれるなんて、とんだ天使もいたものです。
夏休みの話で、我が推すところの黄山の番長と野々口さんが、ほんの少しですが進展していて、ふおお!喜びの酒松竹梅!となりました。

俺様ティーチャー 18 (花とゆめCOMICS)俺様ティーチャー 18 (花とゆめCOMICS)
(2014/04/18)
椿いづみ

商品詳細を見る


病院が割と早く終わったので、うちに帰ってりんごとカマンベールチーズのパイを焼きました。
と言っても、パイ生地は冷凍パイシート。
こちらのレシピを参照して作りました。
とても簡単、そしておいしかったです。
しかし、このレシピをWEB上で見て作ったのではなく、アピタでもらったレシピカードでもって作ったのが、どうもまだデジタルになりきれない今日この頃です。

最近のいろいろ

めずらしく連続ドラマ見ています、いま。
『ビター・ブラッド』……親子はいいねえ。

4月前半は、3日にみどりちゃん(小鳥)が体調をくずして、朝起きたらもう足がもつれて止まり木にもつかまれない、エサ入れにもつかまれない状態で、半泣きになりつつ病院へつれていったら、お腹の中にある卵のせいだと言われ、ついでに抵抗力が落ちたせいで、以前出ていたカビがまた出ていて、卵を待ちつつ投薬生活だな、と思っていたら、その晩に産卵して、すっかり元気になりました。
投薬生活は続けております。

あと、先週の土日に泊まりがけで諏訪に行きました。
ちょっと前に諸星先生が何かの賞を受けられたと聞いて、勝手に記念旅行。
『暗黒神話』と『孔子暗黒伝』の舞台を少し回ってきました。

気をつかいます

『ペット大行進ど~ぶつくん』の動物の赤ちゃんが大集合するスペシャル、いま見ています。
録画したのを見ています。
かわいいかわいいと悶えながら。
私たちが自分以外のものにかわいいを連発するのを見せては、みどりちゃん(小鳥)がかわいそうなので、みどりちゃんが寝室に行くのを待って、いま見ています。
洗われるコーギーとマルチーズの赤ちゃんが、今のところベストかわいい。
いや、皆かわいいんですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。